喫煙者にはオーストラリアでワーホリはお金の面でむちゃくちゃキツイ

「オーストラリアでワーホリ?それならタバコは今すぐやめなさいよ」といつも言っています。



オーストラリアでタバコの大増税決定のニュース



記事によると来年の2017年から毎年12.5%ずつ増税をするとのことです。



1箱25ドル(約2000円)→40ドル(約3200円)になります。

いつぞやは10ドルだったのにいつの間にか倍以上になって、今度は4倍です。



オーストラリアのタバコは1箱25本入りですが、現在は1本1ドル単価。

今度は1本1.6ドルにまでなります。



1日1箱吸うようなヘビースモーカーは1箱2000円×30日=60000円です。

2020年の場合、3200円×30日=96000円。



出せますか?


税関でタバコの持ち込み制限



ちなみに日本からのタバコの持ち込みも関税で制限かかってます。



50本まで無料

50本を超える数 1本単位で全部に課税



51本だと、1本だけに課税されません。

50本を超えたら、51本分に課税されます。



2箱と半分というところです。



昔はカートンで持込みしていた人もいましたが、

今はそれができません。



こうなると友人知人が入国するときに持ってきてもらうにしても、

たかが知れた本数にしかならないのです。



頼みの日本からの持ち込みも期待できないのです。

こうなるとタバコ1箱に今は2000円。

これでも高いですが、2020年の3200円はつらいすぎです。



ワーホリでバイトしても1箱3200円はどれだけ出費になるかは言うまでもないでしょう。



禁煙できないなら、行けば金欠地獄です。

やめるなら行く前ですよ。








スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です