ワーホリビザ申請するなら、為替相場をチェックすべし

オーストラリアにワーホリに行きたいという相談をちょこちょこと受けます。

現地の生活やスラングがどうとか、そういったことよりも一番最初にビザ取ることが最優先です。



で、ワーホリのビザをいつ取得するのか?ということです。



ビザ申請代=440豪ドル
帰国時航空券代+5,000豪ドル相当の預金



2015年7月10日現在の為替相場では豪ドルは1ドル=90〜91円です。



ギリシャの債務問題で相場の問題ですったもんで上下しています



為替に詳しくない人なら、「1豪ドル=90円」が高いか、安いか判断しにくいでしょう。





90円は高いです!



ビザ申請をするときもその時の豪ドルのレートで決まります。





■1豪ドル=90円なら



440豪ドル=39600円

預金5000ドル=450000円



合計489600円





■1豪ドル=70円



440豪ドル=30800円

預金5000ドル=350000円



合計380800円





差額108800円



為替が10円違うと50000円ぐらい違います。



ちなみに私がオーストラリアに行ったときは1豪ドル=61円でした。



つまり、何が言いたいかというと「円安時期にビザ申請すると損だぜ」ってことです。



多くの人にとって、為替相場なんて「ふーん」ぐらいにしか聞いてない場合が多いでしょうが、





「今、1豪ドルいくら?」という考えを持ってビザ申請を行うのがおすすめです。



もちろん、日本の銀行口座→現地の口座に送金するときも為替レートが重要です。





ワーホリに行くならどういうときが狙い目か?



→株価が大暴落したとき=超円高になるから



そういうタイミングを予測できるなら、渡航時期もお得な期間になるかと思います。




スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です